セクハラ立行司の弁明内容…釈明の論点がズレているのでは!

10代の若手行司へのセクハラ行為で問題と

なった、大相撲の立行司の式守伊之助に

ついて、メディアで話題になりました

 

 

事件は、冬巡業中の沖縄で、未成年の

若手行司に対し数回キスをしたり、胸を

触ったりするなどの行為に及んでいます。

 

 

 

 

 

 

被害者の行司は、ショックは受けている

ものの、被害届を出す意向はなかったとの

こと。

 

 

しかしながら、この事件は、「セクハラ」

という報じられ方ですが、強制わいせつの

可能性もある犯罪といえます。

 

 

なので、セクハラというような軽い言い方

で片づけることがおかしいですよねぇ。

 

 

酒席での不祥事であり、行司の最高位

という責任者の地位であろう者が、

大きな顰蹙を買っています。

 

 

また、相手は未成年であり、職務上部下に

当たる立場の弱い者に対してなされた卑劣

な行為です。

 

 

ただ、この事件には、もっと根深いものが

あると思います。

 

 

1.酒癖の悪さの常習性の件

本人は、「泥酔していたので覚えて

いない」との発言をしています。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、酒の上でのことだから

いいだろうというような逃げ方・言い訳

は、許されるものではありません。

 

 

 

 

 

 

本人の所属部屋の宮城野親方は、

「酒を飲むと正気を失うことがあった」と

述べていることから、本人は過去に何度も

酒の上での不始末を行っています。

 

 

とすれば、分別ある大人であれば、

酒を止め自らの行動を慎むのが当然で

あり、それができないとすれば

アルコール依存症といえる部分も

あり得ますよねぇ。

 

 

 

 

 

 

WHO(世界保健機関)による

アルコール依存症の診断基準には、

「飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に

関して行動を統制することが困難」・

「明らかに有害な結果が起きているにも

かかわらず飲酒する」

という項目があります。

 

 

よって、親方の証言が事実であれば、

本人がアルコール依存症の可能性は十分に

あります。

 

ということは、今回の事件を起こす前に、

本人の責任として、治療を行う必要が

あったといえます。

 

 

酩酊状態で起こした事件であっても、

「原因において自由な行為」であり、

責任があるのです。

 

 

また、アルコール依存症の可能性以外

にも問題があります。

 

 

2.セクシュアリティへの論点のすり替えでは…

本人は、「自分は男色の趣味がないので、

なぜこのような行為をしたのか

分からない」と釈明しました。

 

 

ここにいう男色というのは、

本来、趣味の領域ではなく、性的指向・

生き方の領域です。

 

 

 

 

 

 

現在、性的指向の多様性や

セクシュアル・マイノリティ(LGBT)の

方々の人権に関する意識が高まりつつ

ありますが、このように時代遅れの意識を

持っていることを露見させたといえる

でしょう。

 

 

このようにセクシュアリティの問題に

しようとしてますが、これではさも、

「男色の趣味があれば、このような行為を

した」と説明がつくと言わんばかりの釈明

です

 

 

本人の供述に関して、タレントのIKKOは、

「何をおっしゃりたいのか」、

「聞いたときショックだった」

不快感を露わにしました

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、テレビとはいえ、

その言葉背負い投げの笑い要素は、

そこにはもう一切ない状態です。

 

 

 

 

 

 

 

未成年の子にショックを与えたことが問題

になっているのに、このような弁明では、

「同性愛の方なら未成年に対しこのような

行為をすることがあっても自然だ」

という誤解を与えかねない発言です。

 

 

本人は、事件を起こしたことよりも、

同性愛者として見られることに屈辱的な

思いを抱いていると思わざるを得ない

ような発言から、同性愛者に対する

差別意識が透けて見えるように思えます。

 

 

3.結論

いかがだったでしょうか。

 

今回の事件で、角界の旧態依然とした

人権意識の低さが見えたといっても過言

ではないといえるのではないでしょうか。

 

 

同性愛・異性愛など関係なく、分別ある

大人であれば、他者の身体に同意なくして

一方的に触れたり、性的な振る舞いを

したりしないでしょう。

 

 

セクシュアリティは、今回の事件とは

論点にもなるはずがないのです。

 

セクシュアル・マイノリティ(LGBT)に

関する認識の低さ・甘さ・時代遅れは、

この先もどこかの業界で露呈することは

十分にあり得るという懸念が残る

今日この頃です。

 

同性カップルの相続・生前対策の教科書無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です