同性カップルで、パートナーにもしものときのために。エンディングノートの注意点

自分の人生の終わりをよりよく迎えるため

に、積極的に準備をする活動を、

いわゆる「終活」といい、この終活をする

人は年々増加しています。

 

 

ご自身の心身の自由が失われた際の対処の

仕方や、終末期医療の意思選択葬儀の

方法やお墓について、遺された家族への

遺産の分割方法など、死において、

本人の意思を尊重すべき様々な問題が

あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、セクシュアル・マイノリティの

カップルの方々も、終活に対する意識が

高い傾向があります

 

 

終活において、最も手軽なのが

エンディングノート」のように

思われます。

 

書店にも数多く置いてあり、銀行や

葬儀屋さんなどでももらえるところが

あるようです。

 

 

エンディングノートとは、家族・同居人へ

のメッセージや財産について、葬儀の希望

などをノートに記入していくものです。

 

 

しかし、「エンディングノート=遺言書」

誤って認識されている人が増えてきて

います。

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに、エンディングノートは、自身の

意思を書き残すことができるので、

一見遺言としての効力があるように思え、

そのように勘違いされることが多いように

思えます。

 

 

では、エンディングノートと遺言は

何が違うのでしょうか。

 

 

1.そもそも遺言とは…

遺言書に記載をしておけば、どのような

ことでも法的な拘束力が発生するという

わけではありません。

 

 

 

 

 

遺言書に記載することによって、

遺言としての法的効力が生じる事項は、

民法などの法律によって限定されています

遺言事項法定主義)。

 

主に、相続分に関する内容や、子の認知

未成年後見人の指定などです。

 

 

遺言は、遺言者の一方的な意思表示に

よって法的効果を生じるものの、

相続開始後になれば、その遺言者の意思を

確認することはできなくなります。

 

 

にもかかわらず、あまりに無限定に

遺言事項を認めてしまうと、権利関係が

曖昧になってしまい、相続人や利害関係人

に迷惑をかけ、場合によっては紛争が多発

してしまうおそれがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、遺言の明確性を確保して

後日の紛争の拡大を予防するために、

あえて法は、遺言事項法定主義を採用

して、遺言事項を限定しています。

 

 

では、エンディングノートは、何のために

あるのでしょうか。

 

 

2.エンディングノートの役割とは…

実際に一般的なエンディングノートは、

法的に有効な遺言とはなり得ません

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、死後に身内にやっておいて

欲しい要望を書き残しておくノート止まり

になります。

 

なので、その内容を実現する義務もない

です。

 

 

 

 

 

 

ノートに書いたから安心だということでは

決してなく、ノートの内容を死後に実現

してもらうようにするには、正式な遺言書

が必要になります

 

 

その点を踏まえれば、エンディングノート

は、自己の考えの整理に活用していく

のが有用的だといえます。

 

 

3.結論

いかがだったでしょうか。

 

遺言の法定事項は遺言を作成し、

遺言の法定事項でない事柄については

エンディングノートを作成するという

役割分担も考えられます。

 

 

そして、遺言書を作成する際には、以前の

記事でも触れたことがあるように、

将来の相続のことで同性カップルが遺言でパートナーに財産を遺す。遺言で注意することは…

2017年8月10日

 

公正証書遺言でする方が望ましいです。

 

 

また、ご自身が亡くなった際に、

パートナーにやってもらいたいこと

として、「死後事務委任契約

(亡くなってから効力を発生させる

委任契約)を講じておくことも有効的

です。

同性カップルの相続・生前対策の教科書無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です