大家に内緒でパートナーと同居をはじめた賃貸物件。大家にバレて契約解除となったら…

LGBTの当事者の方が、単身用物件を一人

入居の条件で賃貸借契約をして家に住んで

います。

 

その後、その方が、大家には内緒で、

同性パートナーと同居するようになったと

します。

 

 

わざわざ別の物件を新しく探すことも手間

であり、結局貸主にバレないようにすれば

大丈夫だろうと思い、同居することって

意外にあり得ますよねぇ。

 

 

しかも、貸主にパートナーの出入りを

見られたところで、友達が遊びに来ている

という設定にすれば大丈夫だろうと考える

のも分からなくもないです。

 

 

しかし、連日の様子を見れば、貸主も

さすがに連れてきている友達ではなく、

他の者を勝手に入居させている、

というふうにバレるのって本当に時間の

問題なんです。

 

意外に貸主って見てないようで見てるん

です。

 

 

自分の所有物を人に貸している身なので、

自分の物がルールに従って使用されているか

ということを大きく意識しているんです。

 

 

そして、貸主にパートナーとの同居を

知られてしまい、貸主から契約違反を理由

に解除され退去を要求されることに

なり得ます

 

 

では、そうなれば即座に出て行かなければ

ならないのでしょうか。

 

 

1.賃貸借で契約違反をしたから退去させられるのは当然というわけではない!

たしかに、取引の契約たるものは、

信義誠実に則って、その内容を守るべき

義務があり、違反した場合に契約を終了

(解除)させられるのは、特に疑問視

することではありません。

 

 

契約時に一人入居の条件で借りていた物件

に、事後的に同性パートナーが同居する

ようになった場合は、同居させていること

が物件の用法に違反していることになり、

それは、借主の賃貸借契約における

債務不履行になります。

 

 

しかし、不動産の賃貸借契約(特に

居住用)は、借主保護の要請が強いので、

即座に解除されるというわけでは

ありません

 

 

貸主・借主の当事者双方の信頼関係が重視

されるので、他の諸事情をも考慮して

賃貸人との間の信頼関係が破壊される

ステージに至ったときに、賃貸人からの

解除が認められます

 

 

ほかに、人が住む条件を違反することには

どのようなケースがあるでしょうか。

 

 

2.同性パートナーから賃料を受け取っているとしたら…

単にパートナーと同居しているだけで

なく、そのパートナーから賃料を継続的に

領収していた場合、無断転貸に該当する

場合があります。

 

いわゆる又貸しというものです。

 

 

しかし、この場合も、それを理由に賃貸人

からの契約解除を認められるかどうかは、

他の諸事情とを総合的に考慮して賃貸人

との信頼関係が破壊されたといえるか

どうかが鍵になります。

 

 

3.結論

いかがだったでしょうか。

 

賃貸借契約の内容に違反したからと

いって、賃貸人から「今すぐ出ていけ」

という要求に必ずしも応じる必要が

あるわけではありません

 

 

貸主・借主の間の信頼関係の破壊に至るか

どうかも、事案により様々です。

 

 

また、本来貸主の承諾が必要なことをして

いるにもかかわらず、無断でした場合に

おいても、貸主が知っていながら、又は

知ることが十分にできた、

にもかかわらず、その状況を放置して

いたので、「黙示的な承諾」があった

いえるケースもあり得ます

 

 

 

 

 

 

 

あなたも上記のように、同じようなことで

お悩みではないでしょうか。

 

 

突然賃貸借契約解除を突き付けられて

何をどう対処すべきかも様々ですので、

いまいちピンと来られていない方は、

ご自身で悩み判断せず、

是非お問い合わせください。

同性カップルの相続・生前対策の教科書無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です