2019年初のミーティングにて。

本日は、あすてっぷKOBEで、

LGBTの家族と友人をつなぐ会の

ミーティングに参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

2019年になってからは、初の

ミーティングになります。

 

 

セクシュアル・マイノリティ当事者の

コミュニティはそれなりに存在しますが、

つなぐ会では、当事者を子にもつ親御さん

の立場の方が多く来られる場です。

 

 

まぁあくまで親御さんという層が多いだけ

で、当事者、LGBTについて勉強している

学生、自治体の職員など、その回にも

よりますが、様々な方が来られます。

 

 

LGBTに関連するコミュニティの中には、

当事者以外の者の参加を認めていない所、

開催日時や場所をホームページなどでは

表示せず問い合わせのあった方のみに

お知らせするように秘密結社みたいな

コミュニティも存在します。

 

 

そのようなコミュニティと比べれば、

つなぐ会は、基本的に参加者の制限は

ありません。

 

 

もちろん、ミーティングの冒頭に

グランドルールを読み上げ、個人が特定

されることがないようにしたり、発言内容

の注意事項を確認することは行います。

 

 

ミーティングに挙がる話題は、比較的に

トランスジェンダーの当事者が抱える問題

が多く、学校・職場、二次障害などが

あります。

 

 

今日は、いつものミーティングと違い、

人工乳房の業界の方も参加されており、

違った角度から情報を知ることができ、

勉強になりました。

 

 

人工乳房は、乳がんの手術などで欠損した

乳房の形を補正するために使用される装具

(インプラント)として用いられるもの

なのですが、決して乳がん事情では

なくても、MTFの方にとっても重要な役割

を果たしています。

 

 

しかしながら、乳がん患者が装具や

インプラントとして利用するのは正当行為

と扱われる一方で、MTFの方の利用に差別

や偏見があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

MTFの方でなくても、MTX、

ドラッグクイーンの方などにとっても、

同様の事情があります。

 

 

人工乳房を利用することが、その方々に

とってQOLの一環であることと、

アダルトグッズとみられるのは紙一重な

ものだそうです。

 

 

 

 

 

 

また、人口乳房の投稿においても、

facebookやアメブロでは、乳がんの

当事者については正当なものと扱うのに、

トランスジェンダーの方が性自認が故に

利用している画像や記事を削除する動きが

あります。

 

 

トランスジェンダーの悩みは、トイレ、

更衣室、温泉、服装などのような学校、

職場の場面で出くわす問題に限らず、

人工乳房のように表沙汰になっていない

ことは多様にあります。

 

 

当事者や親御さん以外の方で、そのような

業界の方が参加していただくことは、自分

にとっても本当に学びの場になりました

ねぇ。

同性カップルの相続・生前対策の教科書無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です