同性カップルで賃貸することを考えている時。注意することがあります!

交際中の同性カップルがパートナーと

一緒に住もうとし、マンションなどを賃貸

する際、契約時に問題ないのかと不安な

ことが挙がるそうです。

 

 

それは、貸主によって賃貸を断られて

しまうのではないかということです。

 

 

その他にも、契約当初は受け入れてくれた

が、後の事情等で解約を迫ってくる等、

借地借家法で借主が保護されている分、

何とか借主に出て行ってもらいたい方向に

もっていくパターンもあり得ます。

 

 

なので、現在まで当たり前にある住み家

暮らせていたことが、ある日突然その状況

が一変する事態が起こることを考えておく

ことって重要なんです。

 

 

1.同性カップルであることが賃貸借契約に影響するのかという不安がある方へ

部屋の賃貸借契約は、私人間の契約

(私的自治の原則)ということから、

契約の締結は当事者双方の自由に

なります。

 

 

賃貸人のセクシュアル・マイノリティに

対する偏見があることで、部屋を貸そうと

しない場合、偏見や誤った知識を解き、

話し合うことで理解してもらうことも重要

です。

 

 

また、当事者間の話し合いが困難な場合

は、弁護士が間に入って交渉を行うことも

有用的です。

 

 

では、賃貸借契約が成立すれば、何も問題

がないといえるのでしょうか。

 

 

2.賃貸借契約が成立したので安全というわけではない!

家の賃貸借契約を締結し契約が成立した

場合、カップルの双方・片方が賃借人に

なったときで、それぞれ問題点が

生じます。

 

 

片方のみが賃借人となった場合、

賃借人であるパートナーが死亡したとき

などは、同居人である他方のパートナー

は、その部屋に居住する法的根拠を失って

しまうことになります

 

 

そのほかに、双方が賃借人となった場合、

双方がそれぞれ保証人を付すことが

求められる場合があります

 

 

 

 

 

 

 

賃貸人から親族を保証人にしてほしい

という要望があった場合、

保証人となることを依頼する際に、

結果的に自分自身のセクシュアリティに

ついて親族に知られてしまう状況になる

おそれがあります。

 

 

このような事態を避けるためには、

保証会社の利用が可能な物件を検討した

方がよいように思われます。

 

 

ですので、賃貸借契約時には、賃借人が

誰かと、保証人の要否には、注意が必要

です。

 

 

3.結論

いかがだったでしょうか。

 

パートナーが死亡したときなどのように

もしもの時が訪れた場合、

突然賃貸借契約が解除され、借家を

追い出されるというケースは十分に

あり得るのです。

 

 

 

あなたも上記のように、同じようなことで

お悩みではないでしょうか。

 

 

このような事態に備えるためにしても、

何をしてよいかいまいちピンと来られて

いない方は、ご自身で悩み判断せず、

是非お問い合わせください。

同性カップルの相続・生前対策の教科書無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です